巨乳より愛だ

2月 9th 2014 -

会社の先輩が結婚することになった。1回彼女を紹介するからって、この間会社の皆でご飯を食べることになった。

先輩の彼女は優しそうな美人だった。2人の成り行きを聞いたりして、とっても楽しい雰囲気だった。

「どうなの?見える?」って同期の渡辺が耳打ちしてきた。

俺「分からん、セーターがもこもこ過ぎで、わからん」

渡辺「マジか、やっぱ見えないか」

で、何のことだと思うでしょう。実は、先輩が有名な巨乳好きで有名。今まで、付き合ってた彼女は皆巨乳だった、とっても羨ましい話。ってわけで、先輩が結婚と決めた相手なら、巨乳に間違いないだろうって、俺たちがそこに興味が集まって、真相に辿り着きたいわけ。

しかし、彼女さんが寒いからってでかーいセーターを着てるから、全然分からなかった。

がっかり・・・

で、彼女さんが席に立った隙に、「先輩、ぶっちゃけ、彼女さんって、どんだけ巨乳なんっすか」渡辺が思い切り疑問をぶつけた。

「おまえ、やめろよ。彼女は巨乳所か、Aカップしかなかった」って、「先輩、まじっすか!?先輩のポリシーはどうなってんっすか!?俺たちはそんな先輩、信じられましぇん!!」後輩一同、泣きそうです。男のロマンを先輩に託したのに・・・

「俺がずっと巨乳好き、巨乳好きって言ったら、彼女を泣かしてしまったことがある。でも、やっぱ、巨乳より大事なものがあるだろう」

先輩、男の中の男っす。巨乳より愛を選ぶ先輩、誇らしいっす。

love221.jpg